スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一周忌。

先日父の一周忌を終わらせた。
父は一昨年腎盂癌を発見してから手術・治療をしてきたけど、昨年の2月に亡くなった。最後には肝臓にももう片方の腎臓にもリンパにも骨にも転移していた。いわゆる全身転移の末亡くなった。享年62歳だった。
病気の事は以前にブログで紹介してきたので今回は省く事に。
興味のある方はこちらへ・・・。

今回は一周忌とゆうことで葬儀の時に私が感じた事を書く事にした。
葬儀は丁度週末にかかってしまったし急だったので友達には知らせなかった。それでもたまたま連絡のあった人や以前からkokoの守りを頼んでいた人には連絡した。夜伽の前日に友人が訪ねてきてくれた。
夜の6時か7時だった。Tちゃんは2人の子持ち。上は5歳で下はkokoと同じ。Hちゃんは新婚さん。2人共家から離れているが、旦那様も一緒にきてくれた。
夜勤明けの旦那様もいるのにもかかわらずかけつけてくれた。
Tちゃんの下の子は道中に寝てしまったらしくって車の中で旦那様と一緒に待っていた。ご飯も食べていないらしい。そのまま帰るらしい。
そんな時間に寝てしまったら後が大変なのは私が重々知っているのでとっても申し訳なかった。
次の日にはTちゃんは1人でHちゃんは旦那様と一緒に夜伽に駆けつけてくれた。その日Yちゃんも子供とお母様と一緒に来てくれた。
子供には退屈な場所ではあるけど、手を合わせていってくれた。何より会いに来てくれた。
私はすっごく嬉しかった。その時に思った事はこの子達に何かあったら私は何をおいても即駆けつけようと。
そしていつもいつも会える子達ではない。年に1~2回の子もいる。
お互いに家庭があって子供が小さいとなるとなかなか遊びの計画は潰れるものだ。それでもこうやって子供を連れてきてくれた。
Tちゃんの両親は離れているし、旦那様の両親も事故で亡くなっている。だから預ける事ができないらしい。小さな子を旦那様も見るのは大変だろう。それでもきてくれた。ホントに行こうと思うとどこだって行けるし、なんとしても行こうとするものだとその時に思った。
そしてその子達はちゃんと私にそう思ってくれた証拠だ!

そして初盆の時にも友達がきてくれた。その子とはなかなか会えなくってホント仕事の忙しい子だ。それがたまたま連絡がきて父の初盆の事を伝えたらソッコーお供えを持ってきてくれた。それだけで帰ってしまったけど、それだけの為に来てくれた。その子は私のお産の時にもない時間をさいて病院に来てくれた。”行く!”と言ってくれたその子にも感謝している。

母の友達も駆けつけてくれた。父の意向で子供達は葬儀には連れて行かなかった。その為、子供達のゴハン、indyのゴハンとあったので母の友達が2日間仕事を休んで朝から見ててくれた。
もう1人の友達は葬儀の方を手伝ってくれた。その人も仕事を休んで。
母もとっても嬉しかったようだ。
自分が困っている時に助けてくれる友達に感謝です。

私は以前からそうだったけど、今回父の事があって、思ったら即行動!を信念に持っている。行こう!と思ったら行動にする。
私は子供も犬もいるが置いてでも連れてでも行こうと思う。
世の中なんとかなると思う。その時のその時間、その瞬間はその時にしかないのです。しなくて後悔するならした方がそれは後悔にならないと思うし、気持ち的にもいいと思う。

世の中にはそれも無理な人がやっぱりいると思う。そしたら他の方法でいくらでも気持ちは伝えられると思うし、なによりどんな方法ででも行動する事!まずはこれに限ると思います。

私は子供を理由に”行けない!”とか”無理!”とかはなるべく言わないようにしている。その気持ちがあればなんとかなる場合があるから。連れていけばいい事だから。うるさいかもしれないけど、連れて行けばいい。そう思った。

スポンサーサイト
コメント

v-22
一周忌か・・・早いね本当に。
その間にも月命日やら、お客様やら愛犬の入院など、
身体がいくつあっても足りない時期だったのにね・・
・・。
大人になると精神的にも安定してきて友情とか愛情
なんかが変化してきたり、整理されていくタイミング
が訪れる時期だね。
inママのお父さんはお会いした事ないけれど、きっと
人を大切に信頼して生きてきた方だったんだろうなぁ
と感じるよ。人徳があったんだね。そしてそれを最期
に娘に教え伝える事をしていってくれたんだね。
今その時、その瞬間しか行動できない時ってあるし、
子どもを産んでいるからその大変さを分かち合える
瞬間も多いよね。
個人的には、通夜で毅然としてたinママがカッコいい
と思ったよ。(マジで!)
これからも、熱い思いを語ってくださいね。
本当に、お疲れ様でした。

momoママ♪

ありがとう♪ あの時はありがとね☆
ホント支えになったよ。。。
やっぱり病気になっていつか死ぬのはわかってたけど、その時がくるとケッコーこたえるものだね~。

マジ!?かっこよかった??
翌日の喪服も見てほしかったわ~☆
姉さんといわれ、まるで極道のようだといわれた私。
おいおい、父を亡くした悲しさは滲み出てないのかよ!ってカンジ。。。

悲しさって後からやってくるんだよね。
だからその時には平気だったけど、いつもいるはずの父がいないのってケッコー泣けてきたりしてたんだ。
でもいつもmomoママのふざけた(ありがたい?)話しに笑っていたのでいつの間にか月日が過ぎていったよ。
これからもまた笑わせてね~。。。

父の事ありがとう。私はまだまだです。
でも娘を産むという大役をして考え方もいき方も変わってきたような気がするよ。
考えさせられた大きな1年でした。
今年も飛躍の年として羽ばたいていきたいね!!
羽ばたきすぎにご用心!!

Indyママさん。はじめまして・・・?
こちらにカキコをするのは始めてなので・・・。

お父様の一周忌お疲れ様でした。INままさんも、素敵な家族、友人の方々に支えられていますね。
私もタケルの闘病中、家族の絆・友人や先生方の温かさ、ありがたさに励まされました。皆様のおかげと力で、タケルを後悔することなく最高の形で見送れたんだと思っています。
ワンと人を同じにしてはいけないと思いますが、犬には明日はなく、その瞬間を生きると言われています。その一瞬一瞬を無駄にせず、人生を謳歌し生ききります。人よりも潔く最後を迎えるのではないでしょうか?
私も闘病中、自分に出来る事を前向きに考え、実行してきました。何がBESTなのか?と簡単に答えは出せないですが、アクティブである事は、すごい+エネルギーを発していると思います。何事においても出来ない理由を考えるより、どうしたら出来るのだろう?と行動する方が大事ですよね。それに楽しい事が多く起こりました。
これからもゴル友としてカキコさせて下さいね。よろしくお願いします。

犬造ママさん♪

こんにちは! こちらではお初ですね♪
はい、私もたくさんの人に支えられてます。
タケルくんの時にも大変でしたね。
人は1人では生きられない。誰かの助けや支えがなければ生きていけないのです。
人でもワンコでも何か目に見えているものってないけど、エネルギーに満ち溢れているものがありますよね。
arlyの誤飲の時の手術でもみんなに励まされて助けてもらってここまできました。

”できない”より”できる方法”を考えた方が確かに楽しいですね♪
そしてできた時の喜びって計り知れないものがありますよね。
私はこれからも後悔の少ないように生きていきたいです。何にでもチャレンジをして。

こちらこそこれからもよろしくお願いします♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。