スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOG SHOW in 大阪舞洲♪

朝から天気は雨・雨・雨
前日から降っているので下はドロドロ。
雨の中トイレ散歩だけ済ませてトリミングにarlyを連れて行く。
昼には終わるように頼んでおいたのでその間家の事をして用意をしてarlyを迎えに行っていざ大阪へ
高速でも雨。だいぶ小ぶりにはなってきたけど、それでも視界が悪いのであまりスピードは出せない。
大阪が近くなってくると雨も止んできて晴天に。風がケッコー強いけど。

夕方には大阪の舞洲に到着。現地にはいっぱいのテントがあったのですぐわかった。朝からきているmiyukiさんと合流して宴会だ~
風がケッコー強いのでテント張りは翌日にする事にした。
みんなをトイレさせて今夜は早目に寝る事に・・・。

翌日、朝から晴天
どんどん朝から車が入ってきてみんなテントを張り用意をしている。
ワンワンと犬の鳴き声がたくさんしてきた。
私達も早目に起きてワンズのトイレを済ませてテント張り。
女2人のヨワヨワしい私達にできるのか心配だったけど、案外楽にできた。何処でも生きていける私達のようだ。

前日27日のショーにも出陳しているのがarlyの兄弟のりゅうくん。
初対面でしたがとってもハンサムな男の子。arlyとは顔つきが少し違うけど、なんといってもarlyはカンペイちゃんなので似てるわけもないか・・・。
体つきもいい体で立派でしたよ~

今回のショーでarlyも4回目。そしてなんとなんと私も今回ハンドラーとしてデビューする事になりました
前回にハンドラー講習会に1回出席してからの本番。ヤバイです
基本も何もできてないので本番ってありえないのですが、朝からリングで練習。色々教えてもらいなんとか本番を迎える事ができました。
まずは衣装を決めてリードを購入していざ本番です。

ゴールデンは10時36分から。受付を済ませて少しといてから本番です。
本番直前にはぶっ倒れそうになったのですがリングに入ってからはドキドキはまったくしていなかったのですがいったい自分が何をしたのかは全く覚えてないし他の犬が走っているのさえわかっていません。。。
arlyは余裕で走っていたような。
ドキドキ具合からいくとarlyだけが出ている方が長時間にわたってドキドキしていたみたい。

結果3頭中2席。1席は勿論りゅうくん。これで2枚のccカード。4枚でチャンピオン完成なのであと少し。
arlyがドベッチに初めてならなかったショーでした
もうメチャ嬉しくってずっと笑ってました。
今日も宴会だ~

ショーも終わって撤収です。一気に片づけを済ませて昼には出発です。
またまたショーの写真を撮れなかったのです。緊張していてすっかりカメラを忘れてました。。。
帰りのSAでりゅうくんとジャガの写真を撮りました。

IMG_0520.jpg
こちらりゅうくんです。ゲージの中からだったのでちゃんと顔がわからないかな???次回はバッチシ撮ってきま~す

IMG_0521.jpg
今回は出てないジャガです。りゅうくんの隣で寝ておりました。

IMG_0522.jpg
相当お疲れのarly。頼りないハンドラーの私とよく頑張ってくれました。

初ハンドラーも無事済みました。1から色々教えてくれたmiyukiさん、ありがと~
前回arlyを引いてくれたハンドラーさんにも色々教えてもらいました。
デビュー戦、とても楽しく済みました。もっと練習して頑張るぞ~
スポンサーサイト

DOG SHOW in 日光川♪

今日は地元(隣の県ですが)日光川でのショーに行ってきました。arlyは3回目のショーですが前回から4~5ヶ月空いているせいか少しばかり緊張気味。

ショーは9時からstart。
初めて引いてもらうハンドラーさんなので少し早目にarlyを渡すのと遅刻は洒落になんないので前日の夜から泊まりこむ事に・・・。
私って泊まりこみ、案外好きなんですよね~
何故か、って?当日の朝早くだと2ワンを家から連れ出す時や自分の物音でkokoが起きてしまわないか気にしないといけないけど、前日の夜だとkokoの寝る頃に出るので本人もわかってるだろう物音を気にしなくてもいいのでとっても楽
そして朝起きるとママがいない。本人は全然気になんないらしい。
まいっか~、みたいな。とっても楽な子ですと、kokoの話しはおいといて・・・。
ショーの受付も初の事だったので勝手がなかなかわからない。そこにショーでお会いするハンドラーさんに教えてもらった。助かりました

今回のショーには実はarlyの異母兄弟も出てたんですよ~!
なんとアメリカでも通用するらしい子で将来がとても有望だそうです。
生まれたのが少しずれているのでarlyとはまだ当たらないのですが今後が恐ろしいです。
ショーでは頑張ってましたよ~

arlyはというとなかなか緊張が取れないのと年頃になって私から離れると目で探すようになってきました。それでリングサイドでは見る事ができなかったので写真は撮れなかったのですがそれでも探してました。
飼い主としては嬉しい事なのですが
それでもハンドラーさんのお陰で一生懸命頑張ってくれました。
ショーでは結果がでなかったのですが、ショーの後にたくさんの方々からお誉めの言葉をいただきました。それも審査員の方や繁殖もされている方、そりゃー名のある方々だったのでビックリしました。
たくさん誉めてもらったのでとっても嬉しいです

さてさて冬到来でショーの季節です。
いつも一緒に行ってもらっているブリーダーさんのmiyukiさんとは今回一緒に行けなかったのですがどれだけ頼っていたかが今回のショーでひしひしとわかりました。miyukiさんのお陰で今回たくさんの方達に助けてもらいました。ありがと~
こういう感謝の気持ちってみんな忘れがちですよね~。
誰でも初めてだとドキドキしたり勝手が分からないので不安になったりしますよね~。助けてもらっている人もたくさんいると思います。それをすっかり忘れてしまってる人にだけはなりたくないですね~。

今の私の願いはいつかarlyをハンドリングする事。
ハンドラーの大変さは前回の講習会で身にしみたものの頑張るつもりです。しかしハンドラーも持って生まれた素質が大切だと思います。花がないとね~。。。果たして私に花はあるのでしょうか。乞うご期待。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。